コロナと録音

最終更新: 4月11日

前回ブログを投稿したのが11月なので約5か月ぶりの投稿になります。前回のブログでは録音作業をしていた様です。それもかなり熱心に。しかしながら、年末にバンドのメンバーが決まって、また、作ってたものが疑似バンドの体でしたので、どうせならきちんとしたバンドで録音したいと思い、一旦作業は中止して、バンド活動に注力することにした次第です。 

 ジャケットとタイトルも決めておりましたが、実際のところ、肝心の音源のできもどうなんかなと思うところもありましたので、まぁ良かったのかなと思ってます。

 

 そんなさなか、今回のコロナ騒動でございます。2月頃の感覚では、お店側からの中止がない限りは、決まっているライブは出演する予定でしたし、そもそも私の出演してる様なライブは、小規模かつ残念ながらそんなに密集しないのでリスクは少ないという思いもありました。しかしながら、3月に入って一気に情勢がかわり、万が一罹患した際の怖さもさることながら、コロナが発生したという現場に居合わせたということで、関係者やまわりにあたえる影響が甚大になってきたということもあり、4月のバンドのライブはすべて中止にしました。

 バンドに関しては、あたらしいメンバーも入ってもらって、スケジュールも調整して、ライブの構成やコンセプトも固めつつあったので、本当に残念です。また、時期がきましたらライブを予定していきますので応援よろしくお願いします。

 コロナに関しては,今は何ともいえないのですが、時がたって、いやーあの時は流行性の風邪程度でSTAY HOMEとか、みんな気がふれてましたね。わははと笑える様になっていたらないいなと思います。

 あと、今回の騒動で、ライブハウスやライブバーという存在、一般的にはあまり流通してない様なミュージシャンとそれを応援している人達の存在を、テレビやネットを通じて知ってもらえたということは、ひとつ良いことだったのではないかなと思います。ライブハウス経営やミュージシャンにとっては、本当に、本当に大変な時期ではありますが、今はいろんなことが試されてる様に思ってますので、しぶとくやっていきたいと思います。


 

 話はかわりまして、以前、こんなサイトをみつけてしまい、バスドラムの音が秀逸で、この音源使って何かつくれないかなと思ってましたので、今回1曲レコーディングを試みました。

io-808

https://io808.com/


 こちらの音源の取り込み方がわからなかったのですが、フリーの音源で似た様なものを探して、こちらもフリーのシンセベースをペコペコ打ち込んでつくりました。ちなみに私のリズムボックス初体験は、高校3年生の時にリサイクルショップで買ってもらったYAMAHA RX21です。LED ZEPPELINのGOOD TIMES BAD TIMESのバンドスコアのドラムを打ち込んで、ラジカセでベースを多重録音して、うぉーツェッペリン!そのまんまだと興奮したこと覚えてます。

YAMAHA RX21

https://jp.yamaha.com/products/music_production/rhythm_programmers/rx21/index.html


 録音作業はじめるにあたって、PCから音が出るのに3時間くらいかかりましたが、何とか完成しそうです。曲は以前バンドでやっていた曲のリメイクになります。

YOUTUBEにアップする予定ですので、ぜひ登録のほどよろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/channel/UCFJu9axL8dOYv0PKH7pBGEw?view_as=subscriber

 楽しい曲なので、映像、アニメ、ダンス、イラストなどの人とコラボできたらいいななんて思ってます。あとは、ハイスクール奇面組のオープニングのテーマに選んでもらえたらいいなと思ってます。

ぜひ聴いてみてください。


 昨日、落としてピックアップのスイッチが壊れて修理に出してたフルアコが帰ってきました。色が珍しいので、工房の店頭でも人気だった様です。ご満悦でございます。ただ、落としたときは気づかなかったのですが、底面にひびが入ってて若干ショックです。こちらで最後のフレーズを録音予定です。

今月は時間もあるのであこがれのアコースティクブルースの習得に挑戦してみたいと思います。アディオス







11回の閲覧

© 2019 Dynamic Sound Production